学べば学ぶほどに

Japan Travel アメリカ人パートナーとのこと 人生から受け取ったこと

皆さん、ご無沙汰しております。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

今週の3連休はお天気が良さそうですね。
全国的にコロナの感染者が増えてきていますが、
お出かけする方も多いのではないでしょうか?

私はと言えば、今月は月初に和歌山県に3日間の出張を行ない、
高原コース(約50km)と白浜コース(約35km)を視察する
サイクリングモニターツアーに参加してきました。
Japan TravelのCEOとCOOと共に足を運びました。

素晴らしいお天気の中、電動のマウンテンバイクで1,200メートルの峠を上り切り、
気分も爽快っ!

和歌山県は、高野山や熊野古道、
そして白浜など魅力的なコンテンツに溢れた地域ですが、
以前から力を入れているサイクルツーリズムに念願叶って触れ、
Wakayama800というモバイルスタンプラリーも行なっていることを知りました。

インバウンドにも前向きで、新しいことも上手に取り入れつつ、
今あるコンテンツを活かした仕組みづくりに注力している素晴らしい地域です。

仕組みの面では、まだまだやれることは多くあり、
それらをサポートできるよう動いていきたいと心底感じる地域の一つです。

2週目には4日間高知県へ出張し、
今度は宿坊を中心とした体験コンテンツの視察を行ないました。
こちらは情報解禁になってから詳細をお伝え致しますが、
ユニークなお寺と、他に類を見ないコンテンツも体験でき、
今後の躍進が楽しみな場所です。

また、プライベートでは、長らく出張に行ってた為にAのフォローを行ない、
自分の学びを広め、深めていました。
そんなこんなでインプットに夢中になって、
アウトプットする時間を削ってしまっていました。笑

私は39年間お金に無頓着に生きてきました。
それで幸せに、ストレスなく生きられる経験と知識を持っているからです。
しかし、それは1人で自由に生きている場合です。

Aと生き、家族を創ることを考えた時に、生活の基盤や、
これからの人生設計を考え直しました。
そしてどのように生きたら、自分が、Aが、そして新しい家族が、
良い状態で在りたい自分でいられるのかを模索していたのです。

最近インプットした情報は、お金や投資のこと、
人の思考や感情を理解する為の哲学的なこと、
健康や人の身体に関すること、
歴史や偉人たちのこと、
そして新たな次世代のテクノロジーやこれからの世界についてです。

コロナの現状を受けて変わっていく世界に想いを馳せ、
その中で自分がどう在り、どう成りたいのか、
そして、その世界の中での自分の生き方は?
そして家族との過ごし方やその生活をどうしたいか?

学べば学ぶほど、無知の時よりも見えてくること、
波及する思考の角度が変わり、幅が広がっていきます。
そういうものにフォーカスすると、時間なんて飛ぶように過ぎていくのです。

そんな中、仕事では4つのプロジェクトを同時に回し、
新たなプロジェクトの準備も行なっていました。
自らが臨んで仕事をしたいと思えるようなプロジェクトばかりでやりがいに満ちており、
仕事をすることが本当に楽しいです。

でもそうしていると気づくのは、人は忙しさを理由にして、
新たな境地に進まずにその場にいることを自分で選んでいるのだなということです。
私も、自分が自分の選んだ環境で幸せになれるコツを学んだので、
今の自分で生活することに対して不満は全くありません。

無知と、現状に甘んじることは、安心と心地よさを感じます。
仕事はしているし、日々起こることにその都度対応し、
それらを言い訳に次のステップに進まないことを選択できるからです。

お金や社会の仕組みや、歴史を学んでいると、
自分がその渦の中で様々な操作や誘導、洗脳を受け、
上手に使われていることがわかります。
そのことがわかっていれば、
それをどうやって上手に使うかもわかってきます。

でも世の中には本当に能力の高い人たちがたくさんいるので、
その人達が自分の考えが全く及ばないところで
行なっていることを目の当たりにすると、
自分の脳が活性化し、ワクワクした気持ちになるのです。
私はこの感覚が大好きで、新しいことへの挑戦や、
人から学ぶことが楽しいのです。

自分が在りたい姿と、社会の仕組みがわかってくると、
ものすごい勢いで物欲がなくなっていきます。
自分にとってダイヤの指輪や、ブランドもののバックに大きな意味はなく、
仕組みや周りの想いに応える為にそれを身に着けて生きています。

でも高めなければいけないのは、自分の持ち物ではなく、
自分自身や周りの人、そしてその環境なのです。

社会の中で言われたり観念づけられている
”あるべき姿”からある程度外れなければ、
適度なバランスで最低限の持ち物で生きられます。
もちろんそれを超越して生きる方法もありますが、
家族や友人がそこにかかっている場合、
そうも言っていられないこともあるのです。

私にとって大切なのは、それらのものではなく健康な体と健全な思考で、
自分が満足いく状態で家族や友人、身の回りの人に日常的に接することができること。
そして、それらをベースに、社会や世界、そして地球に役立てる人であることです。

しかし、学んだことでもう少しできることを増やしたいと感じているので、
自分を更に高め、
新たな動きを整った状態で動けるようにしていこうと考えている今日この頃です。

多くのことを知ると、自分の力量や限界を自分で設定し、
ぬるいところにいるよなーと痛感します。
無知だと、そういうことに気付かずに楽でいられるのですが、
気付いているのですからそれこそ動かないとですね。

仕事はとても良い調子ですが、
やはり生活のバランスを整えるキーポイントとなるのは
相方Aとのバランスのような気がします。
相方との本格的な生活は6月に始まったばかりなので、
やはりまだまだ相方への理解が足らず、
お互いに行動や言動に疑問を感じることも多々あるので、
まず手始めに、相方攻略から始めたいと思います。

また無知から始めた投資も、地道かつマイペースに進めていくつもりです。
新しいことを始める時は、やっぱりワクワクするものです。笑

千里の道も一歩から♪

小梅

<Facebook>の楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願い致します。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小梅

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-Japan Travel, アメリカ人パートナーとのこと, 人生から受け取ったこと
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2020 All Rights Reserved.