ラーメン二郎初体験 -かの有名な横浜関内店編-

Japan Travel 体験記 日常のこと

2021年10月24日 更新日:

皆さん、おはようございます。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

今週は18日(月)から22日(金)まで、
4泊5日でFam Trip+情報発信のプロジェクトを行なう為に
和歌山県に足を運んでおりました!

和歌山県には「クマイチ」というサイクリングルートがあり、
それを3部に分けて電動マウンテンバイクで走り抜けるというもの。

「クマイチ」とは、ナショナルサイクルルートの候補に選ばれた太平洋岸自転車道と、
和歌山県全域、約800kmに渡るブルーラインを整備した
サイクリングロード「WAKAYAM800」を活用した、
和歌山県南部の熊野地域を反時計回りに一周するサイクリングルートです。

今回は主催者のKMICHさんのオフィスがある上富田を出発し、
上富田→田辺→白浜→志原海岸→すさみ→江住→串本→紀伊大島→串本
4日間かけて125.9km完走

本州最南端も立ち寄りました♪

今回はJapan Travelメンバー2名と、
NYC出身のインフルエンサーも同行しており、
今からその動画ができ上がり、Youtube発信される11月末が楽しみです!

自転車で駆け抜けた美しい海岸線の写真はInstagramにアップしているので、
ご興味のある方は是非見てください♪

さてさて、そんな健康的な1週間を送ってきた私ですが、
今週末は先日一緒に滝行に足を運んだメンバーで、
人生初のラーメン二郎体験に行ってきました!

これが衝撃の体験となることに。。笑

ラーメン二郎

皆さん、ラーメン二郎をご存じですか?

私は名前を聞いたことあるなーとか、
なんかボリュームのあるラーメンで、
ラーメン好きな人が時折話題にしてるなーとか、
そういうレベルの知識のみを持っていました。

何でも大人気なので行列ができる程だそうですが、
その中でも「ラーメン二郎横浜関内店」は抜群に並ぶとのこと。

最長80名待ちにもなったことのあるお店ということで、
開店が午後6時だというのに、4時半から並ぼうとお店で待ち合わせすることに。

開店1時間半前から並ぶなんて人生で初めての経験です。←並ばない人

そして、特別な注文方法があるということで、
行き慣れている友人が、
このブログを読んで予習をしてくるようにとアドバイスをくれました。

なるほど、これはわかりやすい。笑

一番乗り4時18分にお店の前に着いた私の前には、
すでに3人の男性が並んでいました。
本当にもう並んでる。。笑

中ではもうスタッフさんが忙しそうに作業を始めていました。

そうこうしている間に友達の1人が合流。
ブログを参考にして、入り口の自動販売機で黒ウーロン茶を購入して準備万端!

待ち時間とラーメン二郎ルール

もう1人の友達が来ないなーと思っている間に、
私の後ろに既に10人程の列が。
流石にこの列で今来たら入れないだろうなーと思っていると、
着いたので声をかけにきてくれた友達。

話していると、2人前に並んでいた方が、
「列の合流はダメですよ。」と一言。

そりゃそうですよねと、男友達は列の最後部へ。

女友達とワイワイ話している間に5時に。
あと1時間もあるのか~。。(←並び慣れていない)と思っていると、
何とお店が開店!
列が長くなってきたので特別に開いたのかな?

スタッフのお兄さんにラーメンのサイズを聞かれたので、
ラーメン小をお願いすると、
「小でも多いですから、麺は少なめにされますか?」
と丁寧にご案内していただきました。
そこまで言われると、それがいいのだろうと少なめをお願い。

食券機で「ラーメン小(780円)」「味たまご(80円)」を購入し、
そのまま店内へ入ってカウンター席に着席。
※食券機はお札が1,000円札しか使えないので準備していきましょう!
→私は持ち合わせがなく、スタッフさんが5,000円札を両替してくださいました。

ブログで勉強していた注文の仕方をどうしようかと事前にちょっと緊張していたものの、
人生初二郎な訳なので、今回はそのまま食べようと何も増さずに注文。

ジロリアンと呼ばれる常連さんたちは、こだわりのさじ加減で注文を行ない、
次々に運ばれてくるラーメンの大きさに驚愕!
私の2人前の人は、豚8枚をオーダーしており、衝撃の絵面でした。。笑

他にも、生卵がのっていたり、野菜が山盛りだったり、
ニンニクがたっぷりだったり、その個性的なラーメンを見るだけで笑いがでます。笑

そして私のところに運ばれてきたノーマル「ラーメン小」はこちら!

これで小+麺少な目?
す、すご。。

通常のチャーシューとは比べ物にならない豚の厚さと、
わざわざ少な目と頼んだ麺のボリューム、
そしてもっさりと盛られたモヤシに追加購入した味たまごで丼がいっぱいに。

スープを一口飲むと、ニンニクがガチンコに効いた背脂たっぷりの濃い味。
これにニンニク足したらどうなるんだろう。。笑
私はスープを飲みながら、
地元福岡の背脂たっぷり久留米ラーメンを思い出していました。

そして、麺はというと家系ラーメンと同様の太い縮れ麺。
こちらは、最近山梨県に出張に行った時に食べた
吉田のうどんを彷彿とさせるごちごち感。

一心不乱に箸を進めるも、
大盛りのラーメンを食べ終えてお店を出る男性に遅れる女子2人。。

豚はとっても柔らかい上にジューシーで美味しいので、
最初は「おー!」と感動するも、
あまりの量の多さにこのボリュームとジューシーさが苦行になってくる始末。

大好きな味たまごまで「なぜに追加してしまったんだ。。」と途中から後悔。

食べても食べても減らない麺と格闘し、
これで麺を少なめにしなかったら
一体どうなっていたんだろうかと一人恐怖におののく私。

何とか最後の一口を口に押し込み完食!
立ち上がった時のお腹の重みがそのボリュームの凄さを表していました。

食後の状態

お店を出て合流をした私たちは、
どこかカフェにでも入ってお腹を休めようということに。

本当は少し飲んでデザートでも食べようと話していたのに、
既にお腹はパンパンで1mmもデザートを食べたくなく、
温かい飲み物のみをチェーンのカフェですすりながら感想会。笑

何でも、ラーメン二郎は1回目と2回目ではその美味しさはまだ理解できず、
3回を超えると慣れてきて大好きになり、また食べたい!となるとのこと。

いや、私はもう1回でいっぱいいっぱいです。。笑

黒ウーロン茶とカフェで頼んだアールグレイティで何とか食べた背脂を流そうとするも、
お腹に重さを感じ、胸の当たりが脂で渦巻いておりました。

もう1mmも動きたくないとは思うものの、家に帰らないといけないので、
やっと動けるようになったところでカフェを後にすることに。
感覚的には9時半過ぎぐらいの気持ち(というか疲れよう)なのに、
なんと時計を見た時にはまだ6時半過ぎで笑いました。笑

帰りの電車で酔い、やっとの思いで家に到着。

お風呂に入りたかったのですが、全く動く気にならず、
速攻でよもぎ茶を沸かし、
それで脂を何とか流しながらこのブログを書いています。笑

とにかく身体が水分を欲しており、ビックリするぐらい喉が渇く!
そしてめっちゃ眠い。。笑
いや~、究極の食べ物ですね。

ラーメン二郎は、お店によってその特色がわかれるということで、
やはり三田にある本店や、この横浜関内店辺りを押さえると良いとのこと。

既に吐息がニンニク臭一色ですが、これは明日まで続くとのこと。
明日は1日自宅でリモートワークですが、
心底良かったと思わずにはいられません。←迷惑な人

是非とも皆さんのラーメン二郎体験もシェアしてください!
胸やけがひどい。。笑

追記:寝る前にはお腹がグルグルと悲鳴をあげ、
翌日起きた時の胸やけと胃もたれ感半端なかったです。
↑胃もたれ人生初体験。。笑

小梅

<Facebookの楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願いします。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-Japan Travel, 体験記, 日常のこと
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2021 All Rights Reserved.