湯シャン始めました♪

体験記 日常のこと 日常を輝かせるTips

2022年4月1日 更新日:

皆さん、こんばんは。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

2022年も3カ月を過ぎ、新年度が始まりましたね!
今日は私が働いているJapan Travel
専属カメラマンからのフォトレクチャーを受けてきました♪

こんな風に仕事の時間を使って、
社員の能力を高めてくれる試みを提供してもらえるのは有難いことですね。

テーマは今が旬の「桜」

東京は現在どこもかしこも桜が咲いており、
はらはらと舞い散る桜吹雪を眺めているだけで心癒されます。
日本人の血にしみ込んだ桜への愛情と春の訪れを感じる瞬間ですね♪
お寺を背景にした動画等もあるので、
良かったらInstagramのページもご覧ください!

さて、本日は私が始めた新しい試みである【湯シャン】についてご紹介します!

【湯シャン】とは?

【湯シャン】とは、その名の通り、
お湯またはぬるま湯のみで髪を洗髪することです!

先日友人がFacebookに上げていた風力発電に関する動画をシェアしましたが、
私たちが日常的に今最もできることは、
良いものを増やすことではなく、
いらないものを排除していくことだと感じました。

そこで、何かできることはないかと自分の生活を顧みた時に、
一番に手を付けられるものが
シャンプー&コンディショナーを使わないということでした。

シャンプー&コンディショナーは
こちらのブログで紹介したエコロヴィスタを使用していましたが、
【湯シャン】の存在を知り、
湯シャンを実際に行なっている人の動画を数本視聴した後に、
一念発起して3月18日から【湯シャン】を始めてみました♪

【湯シャン】のメリットとデメリット

私は現在、【湯シャン】を開始して2週間が経ちました。

最初の数日は、やはりお湯だけで洗っているので重さが残り、
ずっと使っていたシャンプーを使っていないことへの心のブロックがあり、
気持ち頭皮が痒いような気がしてしまいます。。

帽子を被るなどの刺激があると、その部分が痒く感じてしまうのです。
掻くと言っても指でポリポリ掻くぐらいなので酷くはないのですが。笑

一番のピークは、1週間経過した後の24日。
その時滞在していた南房総が寒くて、
温風器をつけたまま寝て、暖かいセーターを着ていたのですが、
夜中に体温が上がり過ぎて後ろ頭から首の生え際にかけて痒くて目が覚めました。
更にその日はピアスをつけたまま寝ていた為、
ピアスのアレルギー反応まで発症。
体温が上がり過ぎてしまうとこうなります。

でもその後は【湯シャン】の感じにも慣れ、
28日頃には髪がサラサラなのにしっとりしているという状態を実感!
これは何とも言えない満足度です♪

最初の3週間ぐらいは、
今までの毎日シャンプー習慣で大きく膨らんだ皮脂腺から脂が出てくるので、
頭が痒かったり、フケや臭いが出るなどの辛い好転反応期があるとのことで、
かなり覚悟をしていました。

確かに最初の1週間ぐらいは、ブラシをかける時に皮脂の臭いを感じましたが、
フケは出なかったですし、痒さも思ったほどではなかったのは嬉しかったです。

元々丁寧に指の腹の部分でしっかりマッサージしながら洗っていたのと、
動画で学んだ熱過ぎのお湯で洗わないというのも良かったかもしれませんね♪

日本人は毎日シャンプー&コンディショナーをする方ばかりですが、
こんなに頭を洗っている人は世界に類を見ません。

日本の水が軟水であることや、
日本の気候や湿度が毎日洗いたい!という理由にもなりますが、
世界の多くの人々は毎日髪を洗うことが大多数ではないのです。

現状では髪が重たい感じはするものの、
デメリットよりもメリットの方を強く感じます。

シャンプーとコンディショナーをしないので、
お風呂の時間が大幅に短縮される上に、水を大量に使いません
更に、シャンプーとコンディショナーの費用も浮きますしね♪

良いものを新たに生活に取り入れて心と身体を元気にすることで
社会や人々に還元することもできますが、
必要のない消費を減らして時間や水を有意義に使い、
環境やお財布にも優しいなんて本当に素晴らしいことだと思います!

これからも【湯シャン】を続けつつその効果を観察しながら、
生活の中から必要のないものをどんどん減らし、
最低限のもので良い品質のものを使えるようになれたらと思っています♪

皆さんは、ご自分の生活で環境に配慮し、
人、社会に対して良いと思える試みを行なっていますか?
もし何かお勧めがあれば是非教えてくださいね。

小梅

<Facebookの楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願いします。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますのでや
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-体験記, 日常のこと, 日常を輝かせるTips
-, , , ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2022 All Rights Reserved.