脳の詰まりをとり、自然治癒力を正常化させる『自波調整整體』を体験!

おすすめ 体験記 日常を輝かせるTips

 ※おすすめの星のつけ方はこちらから。

皆さん、こんばんは。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

今朝の東京はどんより曇り空で始まりましたが、
午後からは本当に美しく晴れて気持ち良かったですね♪

さて、本日はスウェット・ロッジで出逢った方が、
心身を整える整体ができるということで、
スウェットメンバーにかなりのお勧めを受けたので、
バタバタしていた年末年始のセルフケアをするべく馳せ参じました。

今回受けた整体は通常のバキボキ骨を整える整体ではなく、
『自波調整整體』という人生で初めて受けた施術で、
これが想像以上の驚きの体験となったので、
今日はその模様をご紹介したいと思います♪

自波調整整體とは?

私は施術を受ける森さんをご紹介いただいた時に、
ただ『めっちゃ整っていいから!』というお話だけを聞いて
金額も聞かずに施術を受けにいきました。

それは、一緒にスウェット・ロッジに参加してぎゅっと距離が縮まったこと、
そしてお勧めをしてくれたメンバーを信頼していたからです。

だから、施術を受けるまでは、普通の整体を受ける気持ちで足を運びました。
しかし、森さんの施術はそのイメージとはかけ離れた全く違うものでした!

その施術の何たるかは何とも説明が難しい。。
そこでまずは、私の体験を基に、
本日いただいたHPの情報を基に深堀ってご紹介したいと思います♪

自波調整整體体験

施術は西荻窪の友人宅で行なわれました。

そのお部屋には整体を行なう施術台が置かれており、
私は普段着で着替えもせずにその施術は始まりました。
私は施術をする際に着替えをするのかなーと思っていたので、
ストッキングも履いていましたが、それも履いたままでの施術です。

一つ言われたのが、身体に身につけている金属を外してくださいというもの。
でも、結婚指輪のような常につけているものはつけたままでとのこと。
そこでまず私はアップルウォッチを外しました。

いつも身につけている結婚指輪とピアスは、
ネオショウさんに言われてから自宅に帰ると外すようにしていたのですが、
基本的にはいつもつけているものなので、つけたままで施術することにしました。

施術を始める前に森さんに背を向けて立つと、
森さんは私の身体をトン・トンと押したり、
腕を上げたり下げたりしながら、
身体のバランスを確認しているようでした。

私はこの時、施術を行なう為に筋力の弱いところや、
身体の歪みをチェックしているのかな?と思っていたのですが、
その後身体の全体的なエネルギーの滞り等もチェックしているのだとわかりました。

そしていよいよ施術台に仰向けになり、森さんに
「身体で気になるところはありませんか?」と聞かれます。

私は特に痛いところや気になるところはなかったので、
小・中・高と続けていたバスケットボールで
左足首、左膝、腰を痛めたこと、
そして一昨年右足首の靱帯を損傷したことなどを話しました。
また、首から肩にかけて張りがあることも伝えました。

森さんは
「わかりました。施術は具体的な内容を知らなくてもできますが、
知っていたらアプローチできることもあるので、
何かあれば教えてください。」と言いました。

そこで、私は現在抱えている悩みがあること、
自分の中では一番辛い時期は抜けたのでホッとしてはいるものの、
そのもの自体は現在進行形であることを告げました。

「わかりました。」と森さんは言い、
私の身体を一つ一つ確認するように触れていきました。

四肢の筋肉の状態を確認するように、
筋肉を使った運動を行ないながらチェックをしていましたが、
それらには大きな問題はなさそう。

でも、やはり左の足首は内側に内転しており、
偏平足のような状態になっているとのことで調整してもらいました。
でもそれも、ばきっ!っとするような調整ではなく、
優しく触れて少し揺らしながら整える感じです。

また、やはり一昨年に痛めた右足首も、
まだ緊張が残っているとのこと。
そして怪我の影響で右足の内転筋が弱っていることもわかりました。

この靱帯を損傷した原因も、
今までに怪我をしてきた身体の部位をかばうことによって起こったとのこと。
身体は悪い部分をかばうことで、違う場所に怪我が発生してしまうんですね。

怪我をした場所や痛みに蓋をしてそのものを忘れてしまうと、
その部分への脳からの信号が途絶え、
それらの部位が正常な機能を果たさなくなっていくのだとか。

それらの滞っているエネルギーを流すことによって、
その部位からの信号が脳に到達するようになり、
脳はその部位を動かそうとしたり、
治そうとしたりして正常に動かすのです。
そうして、その部位や細胞がそれぞれの機能を果たすようになるのだそうです。

私はこの時、森さんのこの説明がストンと腑に落ちました。
筋肉を意識して動かしていると、
その筋肉がすごく発達しますよね?
私は意識して筋肉を動かしたり、呼吸をしたりすることで、
腹筋なんかは簡単に割れるのですが、
怪我した足首ががんばってくれていることには意識を向けていませんでした。

その時に、意識をしていなかった両足首に謝り、
しっかり意識をしてメンテナンスをするからねと約束しました。

次に、うつ伏せになります。

森さんはまた私の身体をトン・トンと触り、
「ちょっと音がしまーす。」というとパチン!と音がして身体に衝撃が。
全く痛いとかではないのですが、そこそこの衝撃です。

気になって調べてみましたが、
どうやらこちらのHPでご紹介されているマレッタ
(カイロプラクティックではアクチベーター)という道具のようです。

そして、背面の施術が終わると、
再度仰向けになり今度は頭の施術に入りました。

(※写真はイメージです。)

不思議なことに、森さんに触られるとほんわか温かくなり、
森にいるような安心した気持ちになれます。
それが頭になると、更に直接その温かさが流れ込んでくるんです。

その触り方も、指先で頭を包んだり、
掌を使ってすっぽり包んだりと様々で、
その動きも流れるようにスムーズに移動していきます。
私は目を閉じ、その心地良い感覚を楽しんでいました。

その安心感に包まれながら、頭を包まれた状態で
「一つセラピーをしますね。
一つの鏡をイメージしてしてください。
どんな形でも、どんな大きさでもスタイルでも構いません。
どんな鏡が見えますか?」と森さん。

私は『洋風の装飾の縁で、全身が映る大きな鏡が見えます。』
と伝えました。


このイメージ写真の鏡よりも細かい装飾があり、ブロンズ色の鏡でした。

「それでは、そこに手放したいものを全て手放していってください。」と言われます。
そこで私は思い浮かんだものを全て手放していきました。

「それでは鏡を変えてください。どんな鏡が見えますか?」と聞かれます。
私は『縁が太くて四角い、上半身を映す鏡が見えます。』と言いました。
それは灰色でモダンなデザインでした。

「それでは、そこにポジティブなものをイメージしてください。」

と言われたので、私は真っ先に自分の大好きな樹のイメージを浮かべました。
それはケアンズのアサートン高原にある【聖堂の樹】です。


心が温かくなり、浮かび上がるイメージは次々に入れ替わっていきました。

家族の顔が次々に思い浮かび、家にある植物が見えると
今度はそこから悲しさが伝わってきました。

私の両目からは、自然に涙が流れ落ちていきました。

森さんは「そのままイメージを続けてください。
イメージでなくて色でもいいですよ。」と優しく促してくれました。

その後、私のイメージは黄色・オレンジ・地球・宇宙と広がっていきました。

「それでは鏡を変えてください。どんな鏡が見えますか?」

『細く丸い縁で、鏡自体も丸く、上半身を映すぐらいのものが見えます。』

「何が見えますか?」

私は、これから予定されている出張やプロジェクトのこと、
これから形にしようとしている様々なビジネスのこと、
これから自分に起こるできごとや出逢う人たちの顔などが次々に思い浮かびました。

心から楽しみにしている様々なイメージが次々に浮かんできた後に、
そのワクワクした気持ちもつかの間、
それに打ち込むことで犠牲にする家族との時間や、
それに伴う不安や孤独感が訪れました。
それを悲しく感じる方に振れた後、
今度はその上でそのことに対する覚悟みたいなものも生まれました。

不思議だ。ポジティブなイメージとネガティブのイメージが交互に訪れる。
ポジティブのイメージをしたからって、
全てが良いことに紐づいている訳ではないんだ。
そして、ネガティブに考えたからって、
それが全て悪いことに繋がっている訳でもない。
そんなことを思いながらイメージを続けました。

フラフラと上下するポジティブとネガティブの波が納まると共に涙が止まり、
自分の脳や身体から、黒や灰色の砂のようなものが流れ出しました。

それらが出ていくと、驚くほどに心と身体が整い、
宇宙と地球を背景にした大きなツリーオブライフのイメージがみえ、
その周りをオレンジ・銀色・金色の光がグラデーションに広がっていきました。
そして、自分の人生の役割を改めて受け取ったのです。

大きな樹の緑の葉の部分はこんもりと豊かに広がり、
太い幹からはたくさんの根が大きく広がっています。
それが本当に美しく輝いていました。

イメージが陰に触れた時は森さんの手の温もりが本当に心強く、
それにすがるような気持ちになりましたが、
黒と灰色の砂が出ていき、心が強くなり、
ツリーオブライフのイメージが浮かぶと、
心がどっしりと安定していくのを感じました。

私は自分のエネルギーを森さんに返したくなり、
自分の脳と身体で循環させた森さんのエネルギーを、
森さんに返しながらその一連の流れを心地よく感じていました。

最後に、森さんは私の頭と胸に手を置き、最後の調整をしてくれました。

森さんは私をベッドの縁に座らせた状態で背中をチェックし、
今度は立って足踏み。
そして更に全体をチェックしていただいて60分の施術は完了!
とても長い間、イメージの中にいたような気がします。

一番最初に感じたのは、脳の詰まりが取れて、頭が軽くなっていること。
そして、次に視界が開けて、
脳の信号が身体の細部にスムーズに送られていると感じました。
身体の隅々に意識が広がるイメージです。

施術を終えて部屋を出た私に、私の友人は
『目がパッチリなったね!』と私の変化に驚いたよう。

その後美味しいお茶とケーキをいただき、
心も体も癒されてその場を後にしました。

「今日はこの後ゆっくりして、早く休んでくださいね。」
と森さんに言われたのですが、
その日は仕事の緊急対応がバタバタと入った上に、
人をもてなす為のお料理をしこたまつくる必要があったので、
物凄い勢いでその後も脳を使ってしまいました。

6時過ぎぐらいにお料理を作り終えてホッとすると、
物凄い睡魔に襲われ、
右側の頭頂部と後頭部の下の辺りに頭痛がありました。
きっと施術で脳を使った上で、
脳を更にフル回転させたからでしょうね。笑

でも短時間で驚くほどの品数のお料理をつくり、
振舞ったみんなに喜んでもらえたので施術の効果大です♪

やっとこさベッドに入ったのは10時過ぎでしたが、
あっという間に眠りに落ちていきました。

施術を受けて感じたこと

森さんの施術は、私たちのイメージする整体ではありません。
HPでも自波調整整體についてのご説明がありますが、
クリニカルバイオフォログラフィックシステムCBSを採用し、
体・心・栄養・環境の分野から患者本人の自然治癒力を正常化させ、
患者自らの力を使い心身に耐久性をつける方法とあります。

この説明では具体的に何をしてくださるのか何のこっちゃわかりませんよね。。笑
でも私がこの説明でしっくりくるのは、
エネルギー療法などで自然治癒力すなわち内なるドクターを呼び覚ますこと
というフレーズです。

施術を受けた私が言えるのは、
自分の体内のエネルギーの滞りを流し、
脳内の詰まりを取ることで、
脳からの信号が身体の隅々に行き渡るようになりました。

脳に滞っていた詰まりは嘘のようにとれ、
頭が軽くなり、それこそ作業効率も格段に良くなったのです。
そして何より、自分が頭で考え過ぎていたのだと気づきました。

体感的にわかるのは、
身体と脳のエネルギーの流れがスムーズになったので、
それらの信号がスムーズに細胞に行き渡る様になるので、
間違いなく身体の自然治癒力は上がるはずです。

そしてそれぞれの細胞や部位が正常に動くようになるので、
やはり身体が整う、つまり結果整體ということなのです。

施術の費用は安くはありませんが、
私は全力で森さんの施術をお勧めしたいと思います。
きっと初めての体験に感動すると思いますよ。

カナダのネイティブアメリカンが森さんのことを
【スピリットヒーラー】と呼んだとのエピソードがHPにありますが、
施術を受けた今、その意味がわかります。
この感覚を、是非とも味わってもらいたいです。

施術は栃木県小山市・神奈川県鎌倉市・東京都でも受けられるそうなので、
ピンときた方は問い合わせをしてみてください。

この驚きの体験は、体感した方と共有したいものです。笑
皆さんも施術を受けられたら、こちらにコメントくださいね。
あなたの体験談も是非伺いたいです。

 

小梅

<Facebookの楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願いします。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-おすすめ, 体験記, 日常を輝かせるTips
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2022 All Rights Reserved.