遠距離恋愛で大切なこと

アメリカ人パートナーとのこと

皆さん、こんばんは。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

先月1月12日はAと私の初の結婚記念日でした。
一緒にディナーに足を運んで、美味しいフランス料理を堪能してきたのですが、
そのタイミングで、これは面白そうだねと買ったものがあります。

遠距離恋愛を約2年半、結婚してからやっとこさ1年ではありますが、
離れている時間が長かったので、お互いにまだまだ知らないことがあるはず。
そういうものを解消できそうだったので、買ってみました♪

お互いの質問項目はもちろんのこと、一緒に遊ぶゲームなどもあり、
昨日届いてから結局最初に選んだのはゲームでした。笑

えぇ、負けましたけどねっ!←くやしい
基本的に頭を使うゲームはAには敵いません。

これから機会を見ながら、一緒に楽しむので、
面白いものがあったらブログでもご紹介したいと思います。

さて、本日は前回からかなり間が空いてしまいましたが、
Aシリーズ第6弾として、
遠距離恋愛での大切なポイントについてご紹介したいと思います。

遠距離恋愛での重要なポイント

私たちには、遠距離恋愛の先輩がいました。

それは、Aが日本語学校で出逢ったフランス人の女性で、
彼女は日本人の男性と結婚していました。

彼らは日本とフランス、そしてアメリカとフランスで遠距離恋愛を経験しており、
Aに遠距離恋愛の秘訣を教えてくれたのでした。

それは、”会う時に次に会う時期を決める”というものでした。

Aはその言いつけをしっかりと守り、
必ず2-3カ月の期間内に次の予定を組んでくれました。

離れる時は悲しいものですが、次に会える日にちがわかっていると、
次の会える日を楽しみな気持ちに切り替えられるのです。

会う期間は大抵1-2週間。
なので、Aは日本に来る時は仕事をしながらでの滞在でした。
そして、私が会いに行く時は、有休を活用していたのでした。

Japan Travelで気に入っている仕組みの一つとして、
すきな時に好きなだけ有給休暇が取れます。
だからこの遠距離恋愛の状況を乗り切れたなーと感じています。感謝!

これは必要!

遠距離恋愛に必要なものがあります。
そう、それはお金です!

お互いの場所を行ったり来たりしますし、
行った先でお互いの家に滞在できれば良いですが、
私は長らくシェアハウスに住んでおり、
Aもスイスからサンフランシスコに移ってからは友人宅に住むことになりました。

そこで大活躍したのがairbnbでした!

でも、そうなってくると長距離の移動費に加えて宿泊費がかかることになります。


私は普通に生活する分には全く問題ありませんが、
海外を行き来するようにバンバン使える程稼ぎが多い訳ではなく、
しかも付き合いだした頃は全く貯金すらもしていなかったので、
Aが大部分を占める2人分の移動費と宿泊費を払い、
私が2人で食べた全ての食費や遊興費を払うということでバランスを取っていました。
スイスの給料、やっぱり日本と段違いに良いんですよね。

行き来する時に、Aも切迫していたら、
きっと簡単に行き来したいなんて言えなかったはずですが、
Aはバリバリ働いて稼ぎ、更に貯金もしていたので、
本当に頼もしく、なんの不安もなくお願いできたのでした。

なのでやはり、2人ともお金がないとなると、
長距離恋愛は結構厳しいと思います。。

今は様々なツールがあるので、毎日テレビ電話したり、
テキストを送り合ったりはできますが、
やはり生身で会うのとでは全然違いますからねー。

私も2-3カ月に1回ではなく、半年に1回とかだったらもたなかったかもしれません。
Aには本当に感謝しています。

回数としてはAが日本に来ることが多かったですが、
私も遠距離恋愛中、スイスに足を運び、
次にはサンフランシスコ、そしてAの実家があるニューヨークにも行きました。

次のAシリーズでは、サンフランシスコ編をご紹介したいと思います♪

小梅

<Facebook>の楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願い致します。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-アメリカ人パートナーとのこと
-, ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2021 All Rights Reserved.