不妊検査の結果と私たちの結論

39歳からの妊活日記 アメリカ人パートナーとのこと 日常のこと

皆さん、こんにちは。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

前回の妊活日記からかなり間があいてしまいましたが、
今日はその結果報告と、私たちの結論をご紹介したいと思います。

検査結果

前回のブログでは、A精子検査と、
私のAMH検査(抗ミュラー管ホルモン検査)を受けるとご紹介していました。

結果としては、Aの精子は基準値を超えており問題なし。
そして、私の原子卵胞も、値としては38歳ぐらいのレベルなので、
これが原因で妊娠しないということではないと言われました。

これで、私の身体の状態には問題はなく、
Aの精子にも問題がないことがわかりました。

しかし、それでも私たちが排卵日に合わせて性交をした場合でも、
妊娠の確立は5%程とのこと。
そこで先生から、もし本当に妊娠したいということであれば、
このまま検査を続けて排卵日を特定し、
子宮内精子注入法で排卵日に精子を子宮に注入する方法をお勧めされました。
この方法によって、妊娠の確立は倍、つまり10%以上には上げられるとのこと。

でもその場合、今までと同様に病院に通うたびに内診を受け、
採血を行ない、排卵日を特定し、
排卵日の度にAの精子を受け取って病院に駆けつけ、
それをカテーテルで注入する施術を受ける必要があります。

その過程を聞くだけでも私はゲンナリしてしまいました。。
仕事を行ないながらするのもかなり難しいのが現状です。
でも私は、乗りかかった船だ!ともしAがそれを望むのであれば、
このままそれを受け入れようと思いつつ、Aに相談したのでした。

2人で出した結論

先生からそのお話を聞いたその夜、
私はAに検査結果で問題がなかったことを伝え、
先生からいただいた情報を共有しました。

Aとしては「そんなに焦って注入法を試さなくて良いんじゃないの?」とのこと。

6-8カ月ぐらい自然に試して、
それでダメだったらまた考えたら?とのことなのです。
でもその頃私、41歳近くですけれども。。

先生としては、私たちの妊娠の確立は日に日に下がっていくばかりなので、
本当に欲しいということであれば今すぐカテーテル法を試し、
半年試してダメだった場合は、人工授精を試す方が良いとのこと。

私もせっかく苦手な内診を受けつつ、採血を毎回行ない、
やっと自分のデータが取れて
正確な排卵日が割り出せるこのチャンスは活かしたいところ。

Aも私も共通して嫌だなと感じているのは、
排卵日だから!と今週はやるでーとなるところ。
男性がそう言われるのが嫌なのはもちろんわかりますが、
女性だって言いたくて言う訳では断じてない!
お互いに気持ちが盛り上がった時にしたいのは生物として当たり前ですよね。

だから、私としては自然妊娠ではないのは嫌ではあるけれども、
今のタイミングで一度カテーテル法を試してみたい気持ちはありました。
排卵日だからとSexに誘わなくて良いのも気が楽なんです。
あの内診と採血を毎回受けるのは本当にゲンナリでしたが、
でもAと子どもは授かりたいし、子育てを一緒に楽しみたいので、
後々に後悔しない為にやれるだけやったなと思うことはしておきたいのです。

しかし、Aとしてはやはり男性としての想いもあるのか、
自然に授かることを目指したい気持ちもわかるところ。
そこで私はAの気持ちを尊重し、
私たちは自然に妊娠を試みることにしました。

もちろん、私は自分にできる体調管理を続け、
いつでも妊娠ができるような体調や精神状態を保ちつつ、
お互いに良い形で生活を楽しんでたら、
何とかなるだろうと心持ちを持つことにしました。

助成金がおりました!

こちらのブログでご紹介した通り、
今回の不妊検査をやろう!と思い立ったのは、
東京都が不妊検査を助成してくれるということが大きな後押しになりました。

提案された全ての検査を受けた訳ではありませんが、
それでも全ての検査を合わせると、65,000円近くにはなりましたからね。

そして今週、こちらの「不妊検査等助成承認決定通知書」が届きました。

申請をしてから約3カ月程経っており、
この通知がきてから約1カ月程で申請書に書いた口座に助成金が振り込まれるとのこと。
本当に有難いことですね。
お金は既に支払っているものではありますが、何だかお年玉をもらえるような気分です♪

不思議なことに、気持ちをお母さんモードから仕事モードに切り替えてから、
仕事の話が増え、新しい事業の動きが活発化しました。
やはり人の心やイメージ、そして自分の持つ波動は、
面白いぐらいに未来を動かしていくのだと感じます。
そして、やっぱり私は仕事が大好きなんだなと痛感してしまいます。

この2人で決めた答えを後悔しない未来を築く為に、
しっかりと動いていこうと思う今日この頃です。

小梅

<Facebookの楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願いします。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-39歳からの妊活日記, アメリカ人パートナーとのこと, 日常のこと
-, , , , , ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2022 All Rights Reserved.