東京都の助成金を活用して不妊検査に挑戦!

39歳からの妊活日記

2021年7月14日 更新日:

皆さん、こんばんは。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

先日Aお誕生日プレゼントのご紹介をしましたが、
無事にオーダーしていたワインセラーが届いてAは思った以上に喜んでいます♪
↑Aも私も誕生日を待ちきれずにワインセラーを使用開始。笑

家に物は増えましたが、Aが幸せそうで何よりです。
早くオーダーワイングラスも渡したい今日この頃です。笑

さて、私の誕生日も来月へと差し迫り、私の年齢もめでたく今年で40歳になります♪
最近肺結核6カ月毎検診に行ってきたのですが、
前回写っていた肺結核の治った痕(かさぶたのようなもの)もなくなり、
更に肺が綺麗になっていました!日々の努力の賜物です♪

先生に一つ確認したのですが、
万が一コロナに罹っても、これが原因で重症化することはないとのことだったので、
一先ずホッとしたところです♪

さて、今年の2月2日に開始した妊活日記ですが、40歳になった際に授かっていなかったら、
しっかりと前向きにやれることを始めよう!と思っていました。

マイペースな妊活生活を行なっていた1年間では授からなかったので、
40歳を目途にしっかりと取り組んでいこう!とシフトする感じです。
去年の1月に結婚し、一緒に住みだしたのが6月からなので、
最初の1年ぐらいは自分たちの時間を楽しむことに集中しても良いかなーと思ったのも一つの理由でした。

Aのプレゼントを選んでいる時に、私の誕生日もそろそろなので、
不妊検査についてでも勉強してみようとリサーチしていると、
なんと東京都では不妊検査の助成金が最大5万円まで出ていることがわかりました!

しかも、その条件の一つに、40歳になる前までに
初回の検査を済ませていなければならないというものがあったのです!!

調べてて良かった~♪←ラッキー

ということで、早速最寄りの病院を調べ、不妊検査の予約を取りました。
↑思い立ったが吉日行動
こちらのページに医療機関をリストしているExcelデータをダウンロードできる項目があります。

Aが一緒に検査に行ける週末に予約を取れる病院では、
たまたま男性の検査を行なっていない病院だったのですが、
とりあえず私が誕生日前に初回の検査を済ませておけば、
その後の1年間の検査費用の助成金は出るので、
私が最初に検査をして、私に何の問題もなければ、
Aに検査をお願いすれば良いかなと思った訳です。

女性の対象となる不妊検査及び不妊検査治療

さて、最大5万円まで助成される不妊検査項目
不妊検査治療にはどういうものがあるのでしょうか?
東京都の場合、詳しくはこちらのページに書かれていますが、

男性(夫)の場合は、

◇精液検査
◇内分泌検査
◇画像検査
◇精子受精能検査
◇染色体
◇遺伝子検査 等

女性(妻)の場合は、

◇超音波検査
◇内分泌検査
◇感染症検査
◇卵管疎通性検査
◇子宮鏡検査 等

が含まれます。

また、フーナーテストにも適用されるそうなのですが、
フーナーテストとはなんぞや?と思って調べてみると、
なんと性交後に行なう検査でした。
どんな顔して先生と会って、検査をお願いして良いのかわからないですね。笑
※こちらの熊本市の福田病院さんのHPにて、
フーナーテストについてわかりやすく説明してあります。

そして、この不妊検査の助成金の中に含まれる不妊治療はこちら。↓

◇待機療法(タイミング指導)
◇薬物療法
◇人工授精 等

東京都では、
本格的に不妊と診断された場合の治療にもしっかりと助成金が出されます。

以前は年収の制限があったものの、令和3年1月1日からはこれも撤廃され、
1子ごとに最大6回まで(40歳以上43歳未満は3回まで)
各ステージごとに設定された助成金がでます。
※詳しくはこちらの4助成額上限をご覧ください。

治療に関しても、40歳になる前に1回目の治療を行なっていれば
最大6回まで助成が受けれられるので、
検査を受ける際に先生に相談して良い方法を模索したいと思います。
治療に関しての年齢要件と通算助成回数も細かく取り決めがありますので、
気になる方はご確認ください。

さてさて、あれよあれよという間に検査の日が決まってしまいましたが、
まずは自分の身体の状態を知ることが大事!ということで、
しっかりと検査をしてきたいと思います♪

またその体験記は後日ご紹介します!

 

小梅

<Facebook>の楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願いします。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-39歳からの妊活日記
-, , , , , , ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2021 All Rights Reserved.