【39歳からの妊活日記】開始!

39歳からの妊活日記

2021年2月2日 更新日:

皆さん、こんばんは。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

1月もあっという間に過ぎ、2月に入りましたね。
2月は28日と短い上に、11日(木)と23日(火)に祝日がありますね!
これまたあっという間に過ぎそうなので、大事に過ごしたいです。

さて、今日は年初のブログで宣言していた、
【39歳からの妊活日記】を開始したいと思います!

今までの流れ

私はAと2年半近く遠距離恋愛を経て、2020年の1月に結婚したものの、
一緒に住みだしたのは昨年の6月からです。

私は昨年は肺結核を患い、6カ月間の投薬治療を行なっていたので、
お医者様から抗生物質を服用している間は、
避妊をしてくださいと言われていました。

そして無事に投薬治療も完了し、肺結核も治ったので、
その後は気兼ねなく、自然に授かるといいなーという感じで生活をしていました。

そんな中、私は恐ろしい事実を知りました。

私の腸内細菌

先日、よく勉強させてもらっているあっちゃんの動画を観ていると、
何でも抗生物質を1回服用すると、
腸内細菌の1/3が死滅し、同じ状態に戻るには半年間を要する
と紹介されていました!
6カ月間の抗生物質大量投与の投薬治療で、
私の腸内細菌は死滅に死滅を重ねたに違いない。笑

おかんFumikoの会心の手作り食と、
期限切れに近い食材を駆使した彼女の献立により、
私は3カ月間の東南アジア自由旅の時も、
カンボジアで学校づくりのボランティアをした時に、
蠅のたかる食材を使ったお肉を食べたり、
汚い町の食堂で、氷の入ったなんのお茶かもわからないものを飲んでも、
お腹をくださなかったという逸話があります。

その経験から、私は自分の腸内細菌に並々ならぬ自信を持っていたのです!

しかしこの投薬治療で、私の人生で培った最強の腸内細菌が死滅したのは残念ですが、
そうなってしまったものは仕方がないので、
切り替えて更に最強の腸内細菌を育てていこうと思っています。

元々発酵食品には興味があり、それらを日常に取り入れていたのですが、
更に気をつけて更に発酵食品や
腸内細菌を育てる食材を日常的に取り入れるようにしました。

  • 毎日の納豆
  • 味噌・醤油などを使った料理
  • お酢ドリンクを1日に1杯飲む
  • キムチを料理や付け合わせに活用する
  • クルミを食べる

ヨーグルトは牛乳を飲むのを辞めたので食べるのを辞めていましたが、
抗生物質を飲んでいる最中には復活させてみました。
しかし、やっぱり乳製品摂ると気になる症状が起こるんですよね。。
だから、ヨーグルトは投薬治療を終えたら辞めました。

ということで、まずは妊活!というよりも、
妊娠いつでもOKな身体を創ろうと、自分の体調を整えることから始めたのでした。

使っているアプリ『ラルーン』

私は自分の生理周期を管理する為に、
『ラルーン』というアプリを使っています。

こちらは自分の生理周期を入力するだけで、生理予定日がわかり、
ブルーな気分やハッピーな気分の周期なんかも一目瞭然。

私の場合、それ程ブルーな気分にはならないのですが、
Aにいー!となるのは、決まって生理前だとこのアプリのおかげでわかりました。笑
今までの相方には生理前に怒ることもなかったので、
歳を重ねるごとにそういうのは強くなるのかもしれません。

更に、このアプリでは”妊娠しやすい日””とても妊娠しやすい日”
そして”排卵日”まで予測してくれます。
無料なのに助かりますね♪

ちなみに、優良会員になると、更に制度の高いサポートをしていただけるそうですよ。

でも、こういうのを見ると、
自然にするSEXってなかなか排卵日前後には当てはまらないんだなーということがわかります。
精子の寿命は約36時間~48時間、
そして、卵子に至っては排卵後24時間以内に受精しないとしんでしまいます。

こういう確率論になると、妊娠できるタイミングにSexして、
妊娠して授かるっていうのは、本当に奇跡なんだなと思えます。

私はかなりの受け身ですし、
Aも歴代の相方に比べるとガツガツしているタイプでもないので、
結構お互いにマイペースに楽しんでいますが、
本当に本気で授かろう!と思ったら、
きっとしっかり日にちを定めてしないといけないんだろうな~と思う今日この頃です。
でも、はい近々排卵日だからやりましょう!という感じはどうも苦手です。。

こんなにゆるゆるしていますが、今年中には授かれるよう、
バッチリ体調を整えつつ、準備を進めていきたいと思います♪

小梅

<Facebook>の楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願い致します。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小梅

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-39歳からの妊活日記
-, , , , , ,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2021 All Rights Reserved.