繋がりを増やすことで強まる共感力

人生から受け取ったこと 日常のこと 日常を輝かせるTips

2021年5月8日 更新日:

皆さん、こんにちは。
人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト小梅です。

週末ですね。
昨日は引っ越して初めて朝から家の近くの大きな公園で「股関節ヨガ」をしてきました!
今までにできなかった裸足で大地に立つアーシングも行なうことができ、
水場もある緑に囲まれ、とても素晴らしい環境に感動しています。

新居には仕事部屋を創り、昨日机と棚が届きました。
今週末はそれらを組み立てて快適な仕事部屋が完成しそうです!

さて本日は、人は人やものごとと繋がりを持つことで
視点や情報量が変わるというお話をご紹介したいと思います。

自然の中で得られる気づき

この考えは、公園で「股関節ヨガ」をしている時に思いついたものです。
朝から多くの緑に囲まれて幸せな気持ちになり、
私は緑や土の香りを楽しんでいました。
世田谷区は身近に大きな樹がたくさんあります!とても良い環境です。

お気に入りの樹を見つけてその前の芝生に陣取り、
裸足で芝生を踏みながら目をつぶり、丹田呼吸法を行ないました。

皆さんは森林セラピーをしたことはありますか?
私は今までに2回経験がありますが、
その時の体験は衝撃でした。

人は森に入り自然に囲まれるだけで癒されますが、
都会に長くいると五感を鈍らせて生活しており、
景色をべったりとした1枚の絵として捉えるようになっています。

しかし、自然の中で目を閉じてゆっくりと呼吸をするだけで、
目を開いた時に世界の色の鮮やかさが一変するのです。
先ほどまでのっぺりとしていた景色は、
木1本1本、葉の1枚1枚の色彩や質感にまで焦点が合わさるようになります。
つまり、入ってくる情報量が格段に変わるのです。
その状態で森を歩くと、たくさんのことに気づけるようになり、
自然との繋がりを感じられるようになります。

GW中に私はAと公園を散歩しましたが、
その時はこの大きな公園を一つの景色としてみていました。
なので、今朝はしっかりと環境を観る為に丹田呼吸法から始めたのです。

視界がクリアになってからヨガマットの上で「股関節ヨガ」をしていると、
何もいないと思っていた芝生に、
それまでに気づいていなかった様々な生き物が共生しているのがわかります。

植物、蟻や蜘蛛、何の名前かもわからないような虫、ミミズなどです。
焦点が合うまでは一つの広場だったその場所も、
これだけ住んでいる生き物を目にすると見え方が全く変わります。
これはとても不思議な感覚です。

大きめの蟻が不思議なものがあるぞとヨガマットに上がってきて偵察しています。
その時に始めて、私はヨガマットの下が気になりました。
無作為に広げたそのヨガマットの下になっている生き物たちが気になったからです。

私のヨガマットの隣には、小さな蟻の巣もありました。
マットを広げる前までは全く気付きもしなかったものです。
視点が変わると見える世界が変わりますね。

ふとその時に、今日は午後から雨予報だったけど、
蟻の巣って雨がたくさん降った時はどうなるんだろう?と興味を持ちました。
そこで調べてみると、こちらのブログから蟻の巣の構造の素晴らしさと、
蟻が雨を察知する能力があることがわかりました。
(こちらのブログは基本的に蟻駆除の視点から書かれています。)

こうして日常生活では全く気付かなかったことに気付き、
新たに学ぶ機会を得た訳です。
新たな発見があると楽しいですね♪

家に帰る最中も、行きの時には気付かなかった、
樹の枝葉の新しく伸びた部分に新しい葉があることに気づきました。
私たちが日常の中で見逃していることって本当にたくさんあるんですね。

日常に追われたり、自然と接する機会の少ない人の中には、
このように五感の働きを閉じ続けている場合が多々あります。
その様に日常生活を送っていると、
関わるものから断絶され、目に入るものや感じ取るものと減り、
興味・関心が薄れることで何も受け取ることができなくなってしまいます。

そうなると、日常から気づきを得たり、
人やものごとへの小さな変化に気付かなかったり、
興味・関心そのものがなくなっていってしまうんですね。

これは社会的な視点からみても共通点があると思います。

例えば、自分に関わりのない世界のどこかで戦争が始まった場合、
きっと「物騒な世の中になったものだ。」と他人事のように感じるでしょう。

それがもし日本国内の自然災害に遭った地域なども同じです。
自分の身の回りの人や関わる人がいないことで、
自分と何となく関係なく感じるのではないでしょうか。

でもそこに、自分の家族や友人、
繋がりの深い人がいたらどうでしょうか?
あなたはすぐにその人の顔を思い浮かべ、地域の人々を想い、
その地域に足を運んだことがある場合は、
そこにある建物や自然を心配し、行動を起こすのではないでしょうか?

日本人は世界の中では”共感力”がとても高い民族ですが、
その能力は年々衰えたり、閉じたりしているように感じています。
その能力は、あまり敏感になり過ぎると生きにくい世の中ではありますからね。

私もまだまだですが、できる限り自分の心と身体を整え、
生活に余裕を持ち、まずは自分が日常的に接する家族や友人、
職場や同僚、クライアント、自分が関わる地域、
そして日本、世界と接点を持ったところから”共感力”を使って感じ取り、
行動できるようにしていきたいと考えています。

ある本で読みましたが、
幸せな人の周りの人は幸せになる確率が7倍上がるそうです。
ということは、幸せな人がいる家庭は幸せな人が増え、
その周りの人々にも幸せが広がり、その地域は幸せな人だらけになります。
更に、その地域がどんどん増えれば国単位で幸せになり、
それが他国へとも広がっていくということです。

とても大きな単位や範囲に及ぶイメージではありますが、
結局は自分から繋がる人からということなので、
日々自分を整え、自分が幸せで在ることで、
世界に影響を及ぼす働きまで至るということなんですね。

そんなことを、小さな蟻の巣を観察しながら思考を巡らせ、
「股関節ヨガ」をしながら自分の身体を向き合い、
その後素晴らしい1日を過ごすことができました。

人は日常に起こるたくさんの奇跡をかなり多くの確率で見逃しています。
自然の美しさや輝き、閃きや気づきもそうです。
私はそういうものを、できるだけ受け取っていきたいです。

私や私の人生は、今まで出逢ってきた人たちのカケラでできていますが、
ほぼ自己流でそれらを一つ一つ積み重ねてきました。
これから更に変化するスピードが速くなる世の中に対応し、
更に自由かつ柔軟に、そして軽やかに生きていきたいものです。

皆さんにも、今日のブログから、
少しでも何かしら感じ取れるものがあったら嬉しいです。

今年は新たな試みを実現する為に仲間集めを始めました。
気になる方や、情報交換をしたいという方は、
是非ともお気軽にご連絡くださいね。

小梅

<Facebook。の楪ページでは楪のブログを更新するごとにポストします!
最新ブログを読みたいという方は是非ともフォローをお願いします。

また、<Twitter>ではブログとnoteの記事を更新するごとにつぶやきますので、
最新情報と共に回想録にもご興味のある方はこちらをフォローしてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小梅 koume

人と人、人とものごとを繋ぐカタリスト。 オーストラリアを中心に6年間の海外生活を送り、現在は東京を基盤にインバウンドメディアとインバウンド専門カスタマイズツアーを提供するJapan Travel K.K.で仕事をしています。 ブログを読んでいるあなたと共に人生を楽しみながら、#日常を輝かせるTipsを共有できるメディア創りを目指します。 人生禄を綴った「note」の記事はこちらから→ https://note.mu/mt_koume

-人生から受け取ったこと, 日常のこと, 日常を輝かせるTips
-,

Copyright© 楪 Yuzuriha , 2021 All Rights Reserved.